JPSF 公認競技役員  養成講習会

2019年度 日本身体障がい者水泳連盟 公認競技役員 JPSF 公認競技役員) 養成講習会要項

一般社団日本身体障がい者水泳連盟

1.目的  日本身体障がい者水泳連盟( J PSF という)の競技運営指針に基づいて実施され
       る大会において J PSF 公認 競技役員や JPSF 公認審判員として参加 するために、障
       がいの特性を理解し、クラス分け規則や競技規則を習得することを目的とする。こ
       の講習は J PSF 公認 競技役員 資格取得要件の一部であるとともに、クラス分け委員
       を希望するものの必須講習会である。

2.主催   一般社団法人 日本身体障がい者水泳連盟

3.主 管  東北身体障がい者水泳連盟

4.協 力   宮城県障害者福祉センター 宮城県障害者スポーツ協会

5.日時   2019 年 12 月 7 日(土) 10 30 8 日(日) 16 3 0

6.場所   宮城県障害者福祉センター 1階 図書室
        宮城県仙台市宮城野区幸町4丁目6−2
        http://shinsho miyagi.or.jp/miyasyou
7.内容   別紙参照

8.受講料 2500 円(昼食代 2 食分を含む)

9.募集人数  24 名

10.対象者  次の@〜Bのいずれかに該当し、かつCの手続きを完了している方
        @日本水泳連盟公認審判員、水泳コーチ、 JPSF 公認障がい水泳指導員資格保持者等
          または障害者スポーツ指導員で J PSF 公認競技役員(審判員)の資格取得を希望する者
        A医師、理学療法士、作業療法士でメディカルクラス分け委員の資格取得を希望する者
        BJPSF 公認障がい者水泳指導員、障がい者競泳の指導経験が豊富な水泳コーチ、競
          泳経験のある理学療法士や作業療法士などでテクニカルクラス分け委員の資格取
          得を希望する者
        C JPSF ホームページの「啓発・教育のページ」の「障がい者水泳・パラ水泳競技に
          ついて」の視聴手続きを終えている者

11.申込等 申込書に必要事項を記入の上、以下に郵送で申し込むこと。申込書に必要事項を記入の上、
   以下に郵送で申し込むこと。 
   〒980-0065 宮城県仙台市青葉区土樋1丁目10-6 コープ野村土樋コープ野村土樋605(齋藤方)

   東北身体障がい者水泳連盟東北身体障がい者水泳連盟 事務局事務局

※受講の可否は別途通知する。
※決定通知を受け取ったら速やかに受講料を振り込むこと。

12.申込締切 2019年11月10日(日)必着

13.受講決定 11月20日頃までに受講決定通知を送付する。通知に従い、諸手続きを行うこと。

※申込み多数の場合はJPSF主催または地域指定地域指定大会に参加を予定している者を優先する。

14.免責事項 講習中の事故については応急処置のみとする。

15.準備品等 ジャージ・ハーフパンツ・Tシャツなど動ける(プールサイドも含む)服装、

A4クリップボード、筆記用具、メディカルの方はプラスチック製角度計とスチールメジャ

16.その他  
・宿泊は各自で確保をお願いします。
・講習中の画像撮影、研修内容のSNS発信等はご遠慮ください。
・主催者側にて講習中の画像撮影を行います。この画像は事業報告、連盟・主催者側にて講習中の画像撮影を行い
ます。この画像は事業報告、連盟HPHPやや啓発・教育活動等に掲載されることがあります。
あらかじめご了承ください。
 ・問い合わせは研修事業部 jpsf-kensyu@paraswim.jp まで。
                                                           以上

要項DL→ 2019JPSF.pdf



トップへ
トップへ
戻る
戻る