18年度 団体・競技者登録手続(3月末まで)について

< 留 意 事 項 >  
1.登録手順をよく確認して行って下さい。手順通りではない方法により登録料が発生した場合、その費用は負担して
頂きます。2012年度に行われた Web-SWMSYSのシステム更新に伴い、翌年度登録処理を行った競技者は翌年度
に登録することとなっております。翌年度に登録を取り消す可能性がある場合は、3月時点で翌年度登録処理は行わ
ないようにしてください。  

2.翌年度一括更新処理(新規・継続登録者)について翌年度登録処理(新規・継続登録分)について、以下の点に注
意して登録処理を行ってください。
  (1)次年度登録をしない競技者は、事前に削除をしてから団体登録年度を更新してください。  
 (2)同一団体内での翌年度登録処理(継続登録者のみ) → 従来通り、3月中に行えます。 
 (3)3月内の翌年度分新規登録・違う団体に登録する場合の翌年度登録処理(継続登録) → 3月中は「エントリー
用登録」にて登録し、4月5日以降に本登録に切り替えます。特に新入生を登録する中学・高校は注意して下さい。
 4月開催の日本選手権水泳競技大会の出場にあたっては、3月中に本登録(継続)またはエントリー 用登録(新規・団
体異動)にて翌年度一括更新処理を行って下さい。
 なお、上記大会に出場した選手は、4月以降の基本登録時に必ず本登録手続きを行って下さい。 

手順書.pdf

トップへ
トップへ
戻る
戻る